毛穴ケアは自己流ではなかなか改善できないため、サロンの毛穴エステを受けるのが最も効果的な方法です。

鏡で自分の顔をチェックしていたら、「毛穴の黒ずみが目立つようになっていてショックを受けた」という経験をした女性は多いと思います。

では、どのくらいの頻度で毛穴エステに通えば効果が出るのでしょうか?

基準とするのはお肌のターンオーバー周期

サロンの毛穴エステを受ける場合、どのくらいの頻度で通えば良いのかというと、肌のターンオーバー周期によって異なってきます。実は、毛穴ケアなどのフェイシャルエステは、ターンオーバー周期や年齢を元に決めていきます。

毛穴エステはターンオーバー周期の頻度が効果大

健康な肌の場合、皮膚が新しく生まれ、そして古くなって剥がれ落ちるまでの周期は約28日と言われています。このサイクルは新陳代謝により一定の周期で行われます。

例えば、夏の暑い日差しによって日焼けをしても、しばらくする元の肌に戻ります。そうした変化も肌のターンオーバー周期のおかげなのです。そのため月に1回程度の頻度で通うと毛穴エステの効果を感じることができます。

必ずしも28日周期ではない
肌が乾燥していたり年齢を重ねてくると、28日周期のターンオーバーが崩れてしまいます。このためエステサロンでは、その人の肌質または年齢によって異なるターンオーバー周期を基準として、毛穴エステの頻度を決定していきます。

きちんと知っていますか?ターンオーバーの意味?

「ターンオーバー」という言葉は、肌の成長サイクルのことだけを言うのではなく、様々な場面でも使用される言葉です。ターンオーバーとは、物事が入れ替わったりする様や、入れかわる速度や割合などを示す単語です。

肌におけるターンオーバーとは、皮膚が生まれ、成長し、古くなって剥がれ落ちるまでの1サイクルを指します。

毛穴には、ターンオーバーによって古くなった角質が溜まり、そこに皮脂が混ざって固まって塞いでいきます。そのため、肌のいれかわりに合わせた頻度で毛穴エステを行うことで、毛穴に溜まった皮脂を効果的に取り除くことができます。

余談ですが、バスケットボールやアメリカンフットボールなどで、オフェンス・ディフェンスが入れ替わることもターンオーバーと言います。

人によって違う毛穴エステの頻度、その理由は?

毛穴エステを行う際にも、肌のターンオーバーを基準にして施術の頻度を決めていくことになります。肌質は人によって異なるため、全ての人が同じではありません。

美肌エステや毛穴エステに通う頻度の目安
ニキビやシミなどの肌トラブル
ターンオーバーを基準にしながら2週間に1回の頻度
症状が重い肌トラブル
ターンオーバーを基準にしながら1週間に1回の頻度
美肌維持
ターンオーバーを基準にしながら1ヶ月に1回の頻度

毛穴エステや美肌エステなどフェイシャルエステの内容によっても通う頻度も変わってくるので、人によって異なるわけです。

例えば、ニキビやシミなどの肌トラブルを抱えている場合には、ターンオーバーを基準にしながら2週間に1回のペースで施術を受けるのが良いでしょう。また、症状が中度以上であれば1週間に1回の頻度で毛穴エステに通うと効果的です。

健康肌の方も、美肌を維持させるためにフェイシャルエステに通うのが効果的で、月1回のペースでエステを受けることでターンオーバー周期も安定し、肌トラブルを起こしにくい肌に導くことができます。

年齢による毛穴エステなどのフェイシャルエステの頻度の違い

肌のターンオーバーは新陳代謝によって繰り返されます。しかしながら、新陳代謝は年齢と深く関係しており、加齢と共に代謝機能は低下していきます。

20代前半の頃は、日焼けをしても再びと元の肌に戻りシミになることはありませんが、30代後半から40代になると、徐々にシミやくすみが出たりしてきます。これは、肌の代謝機能が関係しており、10代~20代前半の頃は肌が元に戻る確率が100%であるのに対し、30代後半~40代すぎになると70%程度に低下してしまうからです。

年齢別の毛穴エステに通うおすすめ頻度とターンオーバーの関係

年齢 毛穴エステに通う頻度
20代 月に1回~2回程度
30代 月に3回~4回程度
40代 1週間に1回~2回程度
50代 1週間に1回以上

20代の毛穴エステの頻度は、月に1回~2回程度で良いです。30代の方の毛穴エステの頻度は月に3回~4回が理想で、40代の方は1週間に1回~2回程度、50代の方は1週間に1回以上の頻度で通うのが理想です。

効果がでるのはいつごろ?

サロンで毛穴エステを受けたところ、どのくらいの頻度と期間通うことで効果を実感しやすいのでしょうか?

フェイシャルエステの中でも、毛穴エステは毛穴を掃除することが目的であるため、効果の高い施術を受けることで、それほど長く通わなくても実感できるようになります。

シミやニキビ、シワなどの改善を目的としたフェイシャルエステになると、毛穴エステとは違い、肌トラブルを起こしている原因を突きとめる必要があるほか、施術では肌の奥にある真皮に働きかけることが必要となってきます。

また、その施術頻度はその人のターンオーバー周期を基準にするため、肌トラブルを抱えていると効果を実感できるまで時間が掛かります。

毛穴エステはターンオーバーに合わせて施術をすれば良く、最先端マシンで毛穴の奥から汚れを取り除くことができるため、1回の施術でも効果を実感することができます。

毛穴エステにはどれくらいの頻度でどのくらいの期間通う必要があるの?

毛穴エステは、1回の施術でも効果を実感できることが多いとされていますが、健康肌の方でもその日の体調によってターンオーバーが崩れることもあります。そのため、2週間~3週間に1回の頻度で毛穴エステを受けるのが理想です。

ここがポイント!
毛穴エステに通いはじめはターンオーバーが乱れているので2週間に1回のペースがおすすめ!ターンオーバーが整いはじめたら28日周期の頻度で毛穴エステに通いましょう。

エスれサロンに通い始めというのは、ターンオーバー周期が崩れている場合が多くあります。そのため、最初は2週間に1回のペースで毛穴エステを受けると美容効果も高まります。

トータルの施術回数についても個人差があるほか、施術を受けるエステサロンや毛穴エステの種類よっても回数や頻度が違っています。

例えば、エステティックTBCでは、毛穴ケアもできる「ベーシックフェイシャルエステ」は5回のメニューとなっており、ジェイエステでは2回がパッケージの毛穴エステとなっています。

→ 顔の悩みはエステティックTBCで解消!トラブル知らずの美肌に

 大切なのは事前にカウンセリングで計画をたてること

毛穴エステは正しい頻度で通うことで効果をしっかり実感できます。そのためにはきちんとカウンセリングを行ってくれるサロンでなくてはなりません。

ここがポイント!
的確なカウンセリングでお肌の状態にあった頻度の毛穴エステを受けることができるようになります。

肌のターンオーバー周期は人によって違っており、また肌質や年齢も様々です。毛穴エステはフェイシャルエステのコースに含まれていることも多いため、お客様の様々な情報を基にしてプログラムを組んだり通う頻度を決める必要があります。

カウンセリングの主な流れ
  1. 肌の悩みや現在の肌状態などのチェック
  2. 洗顔などで化粧を落とし素肌チェック
  3. 目標に向けてのプラン作成の相談

カウンセリングでは、肌の悩みや現在の肌状態などを詳しく聞き、その後はクレンジングを行って素顔になった状態で肌をチェックしていきます。毛穴エステの内容や頻度を決めるためにやはりカウンセリングは重要です。

カウンセリングに時間をかけないサロンは、ある程度決められたプランをこなしていくだけであり、場合によっては効果が実感できない、または頻度も高く回数を掛けないとキレイになれない可能性があります。

そのため、どんなに急いでいても施術を受ける際には、丁寧かつ細かなカウンセリングを行うオーダーメイドの毛穴エステプランを提供するサロンがおすすめです。

基本は月1回の頻度!美肌維持のための毛穴エステ

肌の状態が良くない方でも、サロンでフェイシャルエステを受けることにより、どんどんと自分の肌状態が改善していくのを実感することでしょう。何度か通って美肌効果を手に入れたら、そこで終わりにしてしまうのはとてももったいないです。

通う頻度を落としても毛穴エステを続けて美肌維持
自己流のスキンケアでは限界があるため、サロンのような毛穴エステ効果を得ることは難しいです。そのため、高い費用を掛けて手に入れた美肌を維持させるため、コースが終了した後も継続して美肌維持に努めることをおすすめします。

美肌維持のために毛穴エステに通う頻度は、肌トラブルのない方は1ヶ月に1回のペースが理想です。月1回の基準として、体調や肌の状態に合わせて通う頻度を調整すると良いでしょう。定期的なフェイシャルエステで、トラブルのない美しい肌を維持させましょう。

→ フェイシャルエステ後に化粧はしない方がいい?頻度や注意点について

お肌のコンディション維持は通っている間も欠かさずに!

定期的な頻度で毛穴エステに通っている間は、特に自分でケアをしなくても良いと考えてしまいがちですが、毛穴エステの効果を維持させるためには、日々のお手入れも大きなポイントとなります。

セルフケアをするかしないかで、エステでの効果にも差が出てきます。そのため、自宅でも出来る簡単なセルフケアを取り入れましょう。手軽なケアなら毎日のような頻度のケアも可能です。

毛穴エステの効果を高めるセルフマッサージ
  1. 顎からフェイスラインに沿って耳へとリンパ液を流す
  2. 頬の肉をほうれい線に沿って上へと引き上げる
  3. 4本の指を使って首筋から鎖骨へとリンパ液を流す

毛穴エステ施術のすぐ後は、肌細胞が活性化しています。この状態でマッサージを行うことによって、通う頻度を上げるよりも効果をあげることができます。新陳代謝を良くして血液やリンパの流れを更に良くすることができます。

効果的なセルフケアとしては、①顎からフェイスラインに沿って耳へとリンパ液を流す、②頬の肉をほうれい線に沿って上へと引き上げる、③4本の指を使って首筋から鎖骨へとリンパ液を流す、というマッサージです。

通う目的は決まっていますか?お肌の状態も重要です

毛穴エステを受ける目的は、毛穴に詰まった老廃物や固まった角栓を効果的に取り除くことです。定期的な頻度で毛穴エステを受けることによって、毛穴詰まりが酸化してできる黒ずみや、雑菌が繁殖して発生するニキビなどを予防することができます。

顔には20万個以上の毛穴があると言われており、その毛穴には皮脂腺も存在しています。ということは、皮脂腺も20万個以上存在するということになります。

毛穴エステにはお肌の状態に合わせた頻度で通う必要があります

皮脂は、体調や食生活などでその分泌量も大きく変わってきます。脂っこい食事を続けていたり、ストレスなどの負担から皮脂が必要以上に分泌され、毛穴を塞いでしまいます。

また、肌が乾燥していても皮脂は分泌されます。乾燥によって低下した肌のバリア機能を回復させるため、皮脂を過剰に分泌して対策しようとするのです。

このようなことから、毛穴エステの効果を高めるためにも肌の状態にあわせた頻度で通うことはとても重要となります。