目次

フェイシャルエステに通う際にかかる料金について

フェイシャルエステに通おうと考えたときに気になることといえば、どのくらいの料金がかかるのかということでしょう。どうせなら費用は少しでも安く抑えたいと思うのは当然のことです。

では、フェイシャルエステの1回の施術にかかる平均価格はどのくらいなのでしょうか。

お試し一回の平均価格

フェイシャルエステを受けられるサロンでは、お試し体験コースも用意しているところがほとんどです。お試し体験コースを利用すれば、通常よりもリーズナブルな料金で本格的なフェイシャルエステを体験することができます。

お試し体験コースの価格はサロンによってまちまちですが、平均価格相場は2000円から6000円程度となっています。ぜひいろいろなエステサロンのお試し体験コースを試してみて、自分のお気に入りのサロンを見つけましょう。

コース一回の平均価格

フェイシャルエステのコースの料金は、契約したコースの施術内容や回数、支払い方法などによっても変わります。

ですので、利用するエステサロンによってかかる料金は1時間コースで5000円から2万円程度とかなり幅がありますが、平均で1回あたり1万2000円程度かかると考えておけばよいでしょう。

たとえ初回の料金が安くても、2回目以降から高くなるエステサロンもあるため、契約する前に料金をしっかり確認しておく必要があります。

施術内容別(一回当たり)料金相場

エステサロンでは、施術内容の異なる様々なフェイシャルエステのコースが用意されているのが一般的です。

したがって、フェイシャルエステに通うときには、自分に合った施術を受けられるコースを選ぶことも大切です。では、施術内容別の料金の相場についても確認しておきましょう。

フェイシャルトリートメント

エステサロンで受けられる多種多様なフェイシャルエステの中でも、フェイシャルトリートメントは最もベーシックな施術を行うメニューで、1回あたり5000円から1万円程度で受けることができます。

エステティシャンの手で念入りにトリートメントを施し、顔の肌のトラブルを改善していくことを目的としています。何か特別な機械を用いるわけではないため、比較的安い料金で施術を受けられるフェイシャルエステです。

イオン導入

イオン導入とは、微弱な電流の作用により肌に浸透しにくい美容成分を肌の奥まで届ける仕組みのことです。専用の機械を利用して、イオン導入の仕組みを取り入れた施術を行うのが、エステサロンのイオン導入コースです。

1回あたり1万8000円程度の料金で受けられるサロンが多くなっています。家庭用のイオン導入美顔器もたくさんのメーカーから発売されていますが、エステサロンで使われている業務用のイオン導入機の方が出力が大きいため、その分高い効果が期待できるといわれています。

ピーリング

普段の洗顔やお手入れで落としきれていない不要な角質を、ピーリング剤や専用の機械などを使って取り除くフェイシャルエステのメニューで、1回あたりの料金は1万5000円程度です。

家庭で使うためのピーリング剤や機械も販売されてはいますが、効果や安全性のことを考慮すると、多少高くてもエステサロンで施術を受ける方が安心感があります。

エステサロンで施術を受ければ、施術が終わった後にアドバイスや注意点をきちんと教えてくれるところも多いです。

リンパドレナージュ

リンパドレナージュはフランスで開発された特殊な施術のことで、リンパの流れに沿ってマッサージをすることで老廃物の排出を促進させることを目的に行います。

施術を行うためには高い技術力が必要とされるため、すべてのエステティシャンが施術を行えるわけではありません。ですから、リンパドレナージュを受けたい場合には、訓練を受けたエステティシャンの在籍するエステサロンでしか受けられません。

そのため、使う化粧品が少ない割には、1回あたりの料金が1万2000円から1万4000円程度と高めになっています。

光フェイシャル

美容クリニックで使用される、メラニン色素に働きかける特殊な光を照射するための医療用の治療機器をフォトフェイシャルといいます。

そのフォトフェイシャルよりも効果は下がるものの、肌への負担は軽くなる光フェイシャルという施術がエステサロンでも受けられて、1回あたりの料金は3万円から5万円程度となっています。

施術の時間が短く済むうえに、一度に複数の肌トラブルに効果が期待できることが特徴です。

 

フェイシャルエステに通うには費用はどれくらい必要?

どんなに効果の高いフェイシャルエステの施術を受けたのだとしても、1回施術を受けたくらいでは効果を長持ちさせることはできません。

ですので、フェイシャルエステの施術にかかる費用は半年から1年程度通うことを前提として考えることが必要になります。

また、フェイシャルエステに通う頻度は、利用者の年齢や肌の状態、さらにフェイシャルエステを利用する目的によっても異なりますが、一般的には2週間から1ヶ月に1回程度が目安となります。

したがって、フェイシャルエステに通う際には、1年間で15万円から30万円程度の費用が必要となると考えておくとよいでしょう。

 

フェイシャルエステで用意されている支払方法

最近はいろいろな支払方法を用意しているエステサロンが大半ですので、フェイシャルエステを受ける際にも自分の都合に合わせて自由に支払方法を選ぶことができます。

フェイシャルエステに通う前に、フェイシャルエステの料金だけではなくそれぞれの支払方法の特徴をしっかり頭に入れておいて、自分にとって最適な方法を選ぶようにしましょう。

現金払い

手数料がかかるようなこともなく、エステサロンが用意している支払方法の中でも一番わかりやすい支払方法です。

多くのエステサロンの料金プランでは、12回コースや24回コースといった施術回数ごとのコースも用意されていて、回数が多くなればなるほど1回あたりの料金は安くなるシステムとなっています。

ですので、フェイシャルエステに長期で通う意志がある場合には、コース制での現金の一括払いが一番お得な支払方法といえます。万が一途中で通えなくなってしまったとしても、残りの回数分の料金はきちんと返金してもらえるため安心です。

都度払い

現金で支払うのであれば、都度払いも現金払いの一種ともいえます。ただし、都度払いの場合は前もって一括で料金の支払いを済ませてしまうのではなく、施術を受けるたびに毎回1回分だけ料金を支払うシステムとなっています。

一括で支払う場合と違って、料金が割安になるようなことは少ないです。決してお得な支払方法ではありませんが、本当に通い続けられるかわからない人や、気が向いたときや特別な日だけフェイシャルエステを利用したいという人にとっては、一括払いよりも都度払いを選ぶ方が適切といえます。

ローン払い

一括で支払うための現金が用意できないうえに、クレジットカードを使うこともできないという人のために用意された支払方法です。利用する際には事前審査を受ける必要があり、審査に通らなければ利用することができません。

他にもローンをたくさん組んでいる人や、支払いが滞ったことがある人、安定した収入がない人などは、審査で落とされる可能性が高いです。

ローン払いはすべてのエステサロンで利用できるわけではなく、利用できるのはローン会社と契約しているサロンのみとなりますので、利用したい場合には事前に確認しておきましょう。

月額制・定額制

月額制や定額制は1ヶ月に支払うべき料金があらかじめ定額で決められていて、毎月その決まった金額だけを支払えば、決まった回数の施術が受けられるというとてもわかりやすい支払方法です。

サロンによっては、定額を支払えば1ヶ月の間に何回でも通い放題というお得なメニューを用意しているサロンもありますのでフェイシャルエステに通う頻度を考えたら、こちらは大変お得になります。

また、まとまった現金を用意したり、高額なローンを組んだりしなくても、本格的なフェイシャルエステのコースを組むこともできてしまいます。

いろいろと用意されているエステサロンの支払方法の中でも、特に人気のある支払方法です。わざわざ月額制・定額制を導入しているエステサロンを選んで通う人もいるほどの人気です。

チケット制

エステサロンでは、現金やクレジットカードを使った一括払いの方法として、コース制のほかにチケット制も採用しているところが多いです。

チケット制とはバスなどの回数券のように希望する回数分だけまとめて購入することができるシステムで、5回チケットや10回チケットなどがあります。

都度払いと比べると、1回あたりの料金はお得になりますが、有効期限が決められている場合もあります。コース制のように多額な料金を1度にまとめて支払うことは難しいけれど、長く通い続けたいと考えている人に適した支払方法です。

 

それぞれの支払方法のメリット・デメリット

エステサロンが用意している支払方法には、それぞれ異なるメリットやデメリットがあります。支払方法を選ぶ際には、自分が無理なく支払える方法かどうかを慎重に考えてから選ぶことも重要になります。

現金払いのメリット・デメリット

コース契約をする際に、最初に半年分や1年分の料金を一括で支払うことで、1回あたりの料金を割安にすることができるのが現金払いの大きなメリットです。

もちろん1度支払いを済ませてしまえば、施術を受けるたびに料金を支払う必要はありません。残りの支払いのことを気にすることなく、気楽に通うことができます。

ただし、施術の内容などについて詳しくわからないまま契約してしまうと、後から想像と違うとわかった場合に、トラブルに発展する可能性も考えられますので注意しましょう。

都度払いのメリット・デメリット

都度払いを利用することの一番のメリットは、効果があるかわからないうちに支払いを先に済ませたり、後から返済したりする必要がないということです。

好きなときにだけエステサロンを利用できて、通う必要がなくなればいつでもやめられるという気軽さがあります。

その一方で、途中で通うのが億劫になってしまいそうな人の場合や、集中的にケアしたいときには向かない支払方法でもあります。さらに、定価のままの金額を支払わなくてはいけないこともデメリットです。

ローン払いのメリット・デメリット

ローン払いは、現金の持ち合わせやクレジットカードがない場合でも、フェイシャルエステの契約を結べるというメリットがあります。

ただし、誰でも利用できるというわけではなく、主婦やフリーターなどの安定した収入のない人は、高額な契約の審査には通らないこともあります。

また、返済回数が増えるとその分利子も増えるため、契約金額よりも実際の返済金額の方が高額になる場合がありますので、事前に確認したうえで慎重に利用する必要があります。

月額制・定額制のメリット・デメリット

料金が定額で固定されているため、追加料金が発生したりすることもなく、安心して利用することができます。また、コース制のように高額な料金をまとめて支払う必要がない一方で、都度払いよりも料金がお得になるというメリットもあります。

とはいえ、まだ導入しているエステサロンは多くなく、導入しているサロンの場合でも自分の受けたい施術内容のメニューが用意されているとは限りません。さらに、決まった回数分だけ通えないと、損をしてしまうこともデメリットです。

チケット制のメリット・デメリット

希望する回数分だけまとめて購入できるため、定価よりも安い料金でフェイシャルエステの施術を受けることができます。

しかしながら、チケットに有効期限を設けているサロンも多いため、期限内にチケットを使い切れなかった場合には無駄になってしまうこともあります。払い戻しなどにも対応していませんので、期限内に使い切れる分だけを購入するように気をつけましょう。

 

格安なサロンで施術を受ける際の注意点

最近は、格安でフェイシャルエステを受けられるエステサロンが増えてきています。

安い料金でフェイシャルエステを受けられるのはとても喜ばしいことではありますが、料金が安く設定されている場合にはそれ相応の理由があることがほとんどですので注意が必要です。

格安サロンのメリット・デメリット

格安サロンを利用することの一番のメリットは、やはり費用が安く抑えられるということでしょう。費用が安く抑えられれば、その分長く通うこともできます。

一方で、設備が質素だったり、エステティシャンの技術力にバラツキがあるなどデメリットもあります。

このように、メリットもデメリットもありますので、料金が安いからといってすぐに契約を決めたりせずに、本当に自分に合うサロンなのかということを見極めることが大切です。

サロンの設備や雰囲気

同じような立地で経営しているエステサロン同士で比較すると、格安サロンは一般的な料金設定のサロンよりも設備や雰囲気のレベルが落ちる場合が多いです。

また、更衣室やメイクルームなど、一般的なエステサロンなら完備されているような設備がなかったりする場合もあります。ですので、設備にこだわるのであれば、多少高くなっても設備の整ったサロンを利用する方が無難といえます。

エステティシャンの技術

高級サロンの場合には、高い給料を支払うことで技術力の高いエステティシャンを揃えているところがほとんどです。

その一方で、格安サロンの場合は、人件費を抑えていたり、個人で運営していたりするところも多いですので、エステティシャンの技術力に差があります。格安サロンを利用する際には、エステティシャンの技術力も忘れずにチェックしておきましょう。

商材費の別途要求

たとえ施術料金が安く設定されていたとしても、サロンによっては別途で商材費を請求されることもあります。施術に使用するための化粧品を何種類も購入させられる場合もあり、商材費だけで高額になってしまうことも多いです。

ですから、施術料金が安く設定されている場合にも、契約前に追加料金が発生しないかということを確認する必要があります。

 

施術料金によって効果は変わるのか

高額な料金設定のサロンほど、腕のよいエステティシャンが在籍していたり、こだわった化粧品を使っていたりする可能性が高く、その分高い効果を得やすい傾向があることは否めません。

しかしながら、広告宣伝費に多額のコストをかけているせいで、施術料金が割高になってしまっているエステサロンも存在します。

そのため、高い料金を支払ったからといって、必ずしも高い効果が期待できるというわけでもありません。広告宣伝費や設備費などの経費を削って、質の高い施術を格安で提供しているサロンもあります。

 

体験エステでの勧誘の有無と上手な断り方

フェイシャルエステのお試し体験コースを利用する際に心配になるのが、しつこく勧誘されないかということです。

そもそもお試し体験コースとは、フェイシャルエステの効果を実感してもらって継続的にエステに通ってもらうために用意されているものですので、一切勧誘をしてこないというサロンは少ないでしょう。

けれども、断っているにもかかわらずしつこく勧誘してくるようなサロンも減っているため心配する必要はありません。もし勧誘されたとしても、じっくり考えてから契約するかどうか判断することをきっぱりと伝えれば大丈夫です。

 

フェイシャルエステの料金を安く抑える方法

フェイシャルエステに継続して通いたいと考えているのであれば、都度払いよりは長期間のコース契約をしてしまった方が料金が割安になる場合が多いです。まとめて支払うのが難しいのであれば、クレジットカードで分割して支払うこともできます。

また、お試し体験コースを活用してリーズナブルな料金で複数のサロンのフェイシャルエステを体験しているうちに、予算の範囲内で自分の希望通りの施術が受けられるサロンが見つかることもあります。

WEBサイトなどに記載されている情報には限りがありますので、とりあえずエステサロンのはしごをしてみることもおすすめです。

 

サロン選びに失敗しないためのポイント

体験エステで施術料金と内容のバランスが取れたサロンを探そう

施術料金が高いエステサロンには、内装がとても豪華なうえにレベルの高いサービスを受けられて、非日常的な時間を過ごせるサロンがやはり多いです。

そのため、一度フェイシャルエステの施術を体験してみると、その高い施術料金にも納得できてしまいます。とはいえ、施術料金が予算オーバーしてしまうと、通い続けることが大変になってしまいます。

ですので、体験コースを活用して、自分が希望する施術を無理のない料金で受けられるサロンを探すことが大切なのです。

自分に合った支払方法が用意されているサロンを探そう

様々な支払方法を用意しているエステサロンが多いですが、自分が想定していた支払方法が利用できないサロンもないわけではありませんので注意しましょう。

フェイシャルエステに通うときには、そのサロンではどんな支払方法が用意されているのかを前もって調査しておくことも必要になります。

通う前に口コミを確認しておこう

予約サイトや口コミサイト、SNSなどには、実際にフェイシャルエステを利用した人の口コミも記載されています。エステに通う前に、各サロンの口コミもしっかりチェックしておくようにしましょう。

東京で評判のフェイシャルエステが受けられるエステサロンのランキングも併せてチェックすると効率良くサロン選びができるでしょう。